家計負担の軽減策

相談

家計の負担を軽減するために節税対策を行うことは重要なことです。そのために利用可能な制度として生命保険料控除があり、これを利用することによって保険による安心と税金の軽減効果の両方を得ることが可能となります。

詳しく見る

バイクでも必要な保険

バイク

原付であっても、自賠責保険への加入は義務です。未加入で運転すると法律違反となります。損害保険会社だけでなく、バイク販売店や整備工場など受付の窓口も多いため加入しやすくなっています。事故を起こした後で後悔しなくても良いように、必ず加入しましょう。

詳しく見る

ネットで簡単

車の模型

自動車保険を選ぶ際には、インターネットを利用して、知らない人も含めた口コミ情報を得ることができるようになり、選択肢が増えています。特に通販型は、保険の内容も見やすくなってきており、その中から自分にあった保険を選択しやすくなっています。

詳しく見る

保障を充実させる方法

電卓

家族構成や収入に見合った保険の加入プランを見つけたいときには、ファイナンシャルプランナーによる家計診断が役立つでしょう。貯蓄型から掛け捨て型の商品にシフトするのが節約の基本であり、将来に備えて個人年金や個人賠償保険に加入するのがブームです。

詳しく見る

見直しを図ろう

保険プラン

法人の場合、生命保険に加入することで節税対策になることがあります。特に期末ギリギリに加入できると、今期の利益を圧縮することができるからです。そんなわけで、ギリギリに加入する経営者が多くなってきています。

詳しく見る

家計を見直すポイント

主婦

定期的な保険の見直し

生活を円滑にするためには家計がしっかりとしていなければなりません。そのためには常に家計診断を行って無駄な支出を切っていくことが重要になります。家計診断を行う場合に重要なポイントは様々ありますが、中でも保険の見直しは金額も大きいわりに見直しを行っていない家庭も少なくありませんので注意しなければなりません。保険には生命保険や自動車保険、火災保険など様々なものがあり、内容も複雑になっていますので素人には簡単に理解できません。家計診断を行う場合もつい後回しになりがちです。しかし、ファイナンシャルプランナーなど専門家に家計診断を依頼する場合には保険の見直しが重要になります。家計の支出を見直す場合、直接支払っているものは内容も理解していますので支出を圧縮する努力も難しくはありません。しかし、保険は内容が複雑なうえ、ライフステージによって必要になる額が変わってきます。単身であれば、死亡保険よりも医療保険の方が重要ですが、扶養者を抱えている場合には死亡保険も重要になります。また、子供が増えた場合には学費に向けた学資保険なども検討する必要がありますし、住宅を購入した場合には火災保険が必要になります。いずれの場合も必要になる保険に次々に加入していると保険料だけで家計はパンクしてしまいます。収入をみながらどの程度までなら保険料を支出できるのか、その保険料でどのような保険に入ることが望ましいのかを専門家などのアドバイスを踏まえながら検討することが重要です。

Copyright© 2018 家計を見直すなら家計診断サービスを頼ろう【保険の見直しが重要】 All Rights Reserved.